むさぼるような愛撫と濃厚なフェラ!その6

   2017/10/26

ぷっくりとふくれあがった蜜壺の唇に、そっと亀頭を近づける。
意識の飛んでいる妙子が知るよしもない。

 

そっと唇にあてがい、亀頭部分で割れ目をなぞってみる。

「ぅぅッ」っとくぐもった声が漏れる。

蜜液が丁度良い潤滑油となって、太い肉棒がスルリと飲み込まれた。

「あっん」

眉間にシワがより、そして意識を取り戻す。

306
妙子の身体は、既に本人の意志とは別の動きをする。

それは、あたかも肉棒を求めるように蜜壺が降りてきて、亀頭部分を締め付けながらくわえ込み、更に奥へと引き込もうとするのだ。

 

蜜壺の締まり具合が凄い。

「あぁ~~気持ちいい。」思わず声が出た。

私は腰を動かす訳でも、腰を押し込む訳でも無い。

蜜壺の招きどおり、ゆっくりと愛液で溢れた蜜壺に肉棒が飲み込まれていく。

 

妙子は、入り口で直径5cm超の肉棒を感じながら、顔をゆがめシーツにすがりついた。

それは、ゆっくりと、しかし自らの花びらを唇でくわえ込むように、すこしずつ肉棒を飲み込んでいく。

私の肉棒は、妙子の蜜口の締まりを受け、最高潮に硬化した。

 

亀頭が妙子の蜜壁を擦るように進む。

「あぁっ・・・あああ」

「・・ぅうぅ・・ぁ・・」

「・・・・はぁ・ぁ・・」

蜜壁を亀頭が移動する毎に、妙子は頭を左右に振る。

 

「・・ぅうぅ・・ぁ・・」

「・・・・はぁ・ぁ・・」

「ああ、あ、ぁぁあ、あっああ、ああ・・」

程なく、蜜壁は行き止まりとなった。

私は躊躇無く、直径5cm超の肉棒を一気に挿入した。

 

「あっ・・・・」

妙子は眉間にシワを寄せ、更に大きく仰け反った。

私はゆっくりとそして深いストロークを始めた。

先ほど通ってきた蜜壁をひっかき出すように・・・

 

身体をしっかりと引き寄せ、ロングストロークを楽しむ。

時に奥深くに留まり、腰をゆっくりとローリングさせる。

そして、それは二人の恥骨を擦り合うことになる。

「あぁぁぁ・・・いい・・・きもちいい・・・」
妙子の蜜壺は入り口を強く締め付けた。

309
両足を担ぎ、内臓をえぐるような深い軸送に妙子は絶叫を上げる。

「あっ・・あ、ぁぁぁあ、あああ~~~っっ、す、すごい・・・・・」

「あぁ、いい・・・凄くいい・・・あぁあぁ気持ちいい・・・あぁぁあ・・」

「し・・しんじゃう・・・あぁ・・・しぬぅ・・・あぁぁぁ」

「あぁぁぁ・・・すごい・・・・いい・・・いい・・・」

 

 

クリトリスは、私の恥骨で押しつぶされ、そして擦られる。

妙子は蜜壺とクリトリスの刺激に、意識が飛んでしまったようだ。

それでも構わずに、私は一気に速度を上げ、亀頭で奥深くを貫くように差し込んだ。

「うぅ・・・・」

苦悩にも似た喘ぎ声がペニスの深さを物語る。

 

 

402

「あっ・・・うぅ・・・あっ・・・・・うぅ・・・」

 

「あぁぁぁ・・・きもちいい・・・いいよ・・・」

「あぁぁ・・・おくまで・・・あたる・・・」

「いい・・・・いく・・・・あぁぁ・・・いい・・・・」

 

「あぁぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・」

身体を左右に振りながら妙子が泣き叫んだ。

 

その時、しっかりと私の両手の指を絡め握りしめていた。

私も妙子の声が愛おしい。

 

こんな声を聞くと、こっちまで理性を無くしてしまう。

妙子が逝ったのを確かめた後、極太の肉棒をハイスピードで蜜壁に擦りつけ

腹の上にタップリと射精した。

 

あぁ~~~快感

体中の悪い物、邪念も含めて全て放出した。

少しの間、手を繋いで眠るとしよう・・・。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コメント一覧

  1. momo より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ほんとにじらしましたよね。。。(^^;;
    何ヶ月も。。。♪
    ちょいMの私は逆に気持ちよくなっちゃったけど。。。
    こんなに焦らされて深く挿入されて、根本でクリを刺激されて。。。
    たまらない。。。
    気持ちよくなるとキュッと締まりますよね。。。
    わたしも脚肩にかけられて深くされるの大好き♪
    「もう我慢できないからイくよ。。。」っていう時の彼がかわいくて。。。
    思い出しちゃいました♪

  2. ロン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    momoさん、コメントありがとう。
    本当に焦らしちゃったねぇ~~~
    何ヶ月も(爆)
    > 気持ちよくなるとキュッと締まりますよね。。。
    うんうん、根元が締め付けられると更に大きくなっちゃうんだ。
    裂けそうって言われたりして( ̄ー ̄)ニヤリッ
    > 「もう我慢できないからイくよ。。。」っていう時の彼がかわいくて。。。
    男は子どもっぽいよね(爆)

  3. 舐め犬める より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロン様
    初めまして!
    「クンニ」で検索して貴ブログにたどり着きました。
    素晴らしいテクニックで羨ましく思います・・・
    僕は、だいぶ立場が違いますが「舐め犬」として女性に奉仕しています。
    勝手ながら、僕のブログにリンクを貼らせていただきまして。もし良かったら、相互リンクしていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いします。
    舐め犬奴隷のクンニご奉仕ブログ
    http://name9.blog60.fc2.com/
    (すみません、メールフォームで送ろうとしていたんですが、うまく送れなくて・・・コメントさせていただきました。もし重複していたら申し訳ありません。)

  4. ロン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    舐め犬さん、了解です。
    リンクしました。
    立場は違えど、女性に喜んでもらうのは一緒です。
    私はSが強いから、攻めちゃうんですけどね。
    それでは、今後ともよろしく!

  5. 舐め犬める より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ロン様
    リンク貼っていただいて、ありがとうございました!
    過去ログを読ませていただいておりますが、とてもスゴい内容で羨ましい&参考になります・・・。舐め犬も頑張ります!
    これからも、どうぞよろしくお願いします!

  6. やす より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私もやってほしい(>_<)

  7. ロン より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    望めば叶います。

  8. やす より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    どうしたら叶うんですか?

この記事へのコメントはこちら

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。
また、* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメント送信」ボタンを押してください。